VYONDでアニメ自己紹介を作ってみた。

自己紹介をアニメで作ってみました。
1983年に就職してから現在までの成功と挫折や苦難、趣味も少し、そして、これからの生き方をアニメで表現しました。音声はありません。音声入りも今後作ります。
まずはご覧ください。

VYONDでアニメ自己紹介

このような自己紹介制作させていただきます。
これまでの人生をお聞かせいただいてシナリオにします。
興味のある方はお問い合わせください。
gamo4tv@gmail.com

「お話し聴きます」サービスの動画

アニメ動画作成のVYONDで自分のサービスのPRアニメ作ってみました。

基本的には、お話を聞きます。愚痴でもいいです。悩みとか、不安とか、誰かに話すことで楽になることもあります。

プロカウンセラー協会の資格を持っていますので安心してお問い合わせください。

肉親や友達に話しにくいことも話せます。アドバイスも必要であればさせていただきます。

まずは、お問い合わせください。

VYONDアニメ潜在的顧客PR編

本日はすぐには商品やサービスの購入は考えていないが、将来は自分にも必要になりそうな潜在的顧客に向けたPRアニメを作ってみました。 僕も以前仕事でかかわりのあった結婚相談所を例に取り上げてみました。

サービスや商品の具体的な強みや数字などはあえて入れていません。キャラクターにもほとんどセリフはありません。

自分に必要になった時にふっと頭の中に浮かんでくるような、思い出してもらえるようなイメージです。

これを見てすぐに購買というよりも、長期間での認知拡大、ファンづくりといった戦略があるときにも有効な方法といえます。

VYONDアニメ制作3つ目のスタイル

ビジネスフレンドリースタイル

ビジネスアニメーション作成ツールVYONDはオンラインのアニメーションソフトです。VYONDにはアニメ作成にあたり3つのスタイルがあります。

ホワイトボードアニメーションスタイル、コンテンポラリースタイルとこれまで紹介してきましたが、本日はその3つ目です。



表現豊かで親近感が湧くスタイルです。キャラクターの動きが100種類以上あります。

同じシナリオでも3つを見比べるとそれぞれの趣がって面白いですね。どのスタイルで作るかは、あなた次第!

Vyondアニメ制作コンテンポラリースタイル


Vyond にはアニメーション作成を 3つの中から選びます。シナリオの内容やターゲットで使い分けるのがよさそうです。同じ内容でも、イメージでだいぶ変わってきます。本日はコンテンポラリースタイルです。

コンテンポラリースタイルはビジネスコンセプトやサービス概要を伝えることができます。この動画では、コンテンポラリーの基本的なシーンとキャラクターは僕自身にしてアニメーションを作っています。


ホワイトボードアニメーションに比べてまさに「アニメ」です。

次回は、ビジネスフレンドリースタイルの紹介です。お楽しみに!

VYONDを使ったアニメ制作始めました。

ホワイトボードアニメーション

ビジネスアニメーション作成ツールVYONDはオンラインのアニメーションソフトです。

これを使ってどのようなアニメ動画が作れるかを紹介していきたいと思います。

VYONDにはアニメ作成にあたり3つのスタイルがあります。

本日はその中からホワイトボードアニメーションを紹介しますね。

ホワイトボードアニメを使った作成例です。

アニメ動画のメリットはなんといっても「わかりやすく伝わりやすい」ということです。アニメなので興味を引きやすいのも特徴です。

また、キャラクターは実物をデフォルメできるので特徴が出しやすくインパクト大なのは間違いありません。そして、実写に比べてコストが安いのもうれしいですね。

ソーシャルメディア、オウンドメディアが一般的になってきた現代でアニメ動画は幅広いシーンで広がっていくと考えられます。